疲れ目(眼精疲労)解消に美容鍼!整体院 幸 sachi(和歌山市)

現代病のひとつ「疲れ目」。

近年、テレビやパソコン・スマホなどの普及によって、目を使う機会が多くなってきています。
また、目は精神的ストレスや過労、睡眠不足など、体調不良が疲れとしてあらわれやすい器官でもあります。

眼精疲労の症状としては、かすみ、まぶたが重い、ショボショボする、圧迫感、目の奥の痛み、熱感、かすみ、まぶたのけいれん、など…

 

いわゆる疲れ目というのは、目の周りの筋肉が疲れた状態にあることで、目を酷使したり、無理してみようとしたりすることが筋肉の周りの筋肉に負担をかけ、疲労につながります。また、体調不良やストレスなどで自律神経の働きが悪くなると、目の周りの筋肉が上手く働かないことがあります。

 

目を使うといえば、従来はテレビや読書程度でした。パソコンやスマホ等が普及している現代では、常に目を酷使している状態かもしれません。

 

疲れ目の回復には、目を休めたり、眼球を動かす筋肉をリラックスさせたり、血流をよくすることが大切です。

 

目のまわりの筋肉のリラックス・血行促進にはが最適です!

 

眼精疲労の疲れが原因で、目元の血の流れが悪くなりしわが出来る原因になります。

さらに眼精疲労になると物が見えにくくなり、を細めたりすることでだんだんとシワになる場合もあります。

肩コリや頭痛の原因にもなるので目の疲れを侮ってはいけません。

特にパソコン作業をしている方は積極的にアイケアをしましょう!(^-^)

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。