赤ちゃんにやさしい妊婦(マタニティ)整体なら和歌山市の整体院 幸 -sachi-

妊娠中のこんな症状で困っていませんか?

肩こりが酷くなって困っている

腰や背中が痛くてつらい

足のむくみがひどい

 

娠期における腰痛は主に姿勢による影響が一番大きく、とくに妊娠後期になると胎児が大きくなり下腹部が出てくるため、お腹がせり出し、反り腰の状態になります。

反り腰になると腰背部の筋肉は緊張し血行不良が起こり、痛みが起こりやすくなります。

また、お腹が大きくなると腰を曲げる、後ろを向くなどの動作も困難になますから、常に同じ部分に負担がかかりますよね(/_;)

だんだん広がっていく骨盤も不安定な状態になり、腰や臀部、股関節に痛みが出やすくなります。

胎児の成長とともにリラキシンというホルモンの働きで、骨盤を支える靭帯がゆるみ、関節が広がりやすくなります。

関節がゆるむということは同時に不安定な状態にもなるため、骨盤を支える筋肉にはより負担がかかる状態に。

お尻の筋肉にも相当な負荷がかかり股関節痛や坐骨神経痛なども引き起こす原因になります。

妊娠前から腰痛があった方は、さらに影響が大きい傾向です(>_<)

 

妊娠中は、万が一の影響を考えると、鎮痛剤や電気治療が使えません。

当院では産前の施術はすべて手技による整体治療を受けていただいております。

骨盤を支えるお尻の筋肉の状態を確認し、反り腰傾向になっている骨盤を整え、可能な限り緊張や疲労が溜まった筋肉をゆるめるようにしています。

座っても横になっても何をしても腰の痛みや違和感が治まらないようであれば産婦人科への相談をおすすめしますが、そちらで異常がないようであればマタニティ整体をお試しくださいね(*^^*)

 

先日、妊婦になりもともとの腰のヘルニアが悪化しトイレに行くのも家族の手が必要な状態だった患者さまから、当院のマタニティ整に通われてからは『腰痛が軽減し自分の事が出来るようになり、毎日の生活が普通に送れるようになって、本当に嬉しい!』とのお声をいただきました

少しでもリラックスしてスムーズご出産を迎えて頂けるようにこれからもサポートさせていただきます。ご出産後の骨盤ケアもぜひお任せ下さいね!(^O^)

073-419-1717

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。