坐骨神経痛を根本から治療したいなら和歌山市の整体院 幸 -sachi-

坐骨神経痛とは、何らかの原因で坐骨神経が圧迫されることで下半身に痛みやしびれがあらわれる症状を指します。

坐骨神経痛はよく知られた病名ですが、実際には病気というよりも、坐骨神経に生じた痛みやしびれなどの総称のこと。

原因には椎間板ヘルニアや、腰部脊柱管狭窄症、仙腸関節傷害、梨状筋症候群(お尻の筋肉が硬くなる)により神経が圧迫される、など、さまざまな可能性が考えられます。

 

当初は、湿布薬を貼る程度で治ってしまうことが多いので、つい軽く考えがちですが症状をくりかえすうちに、痛みで歩けない椅子から立ち上がることができない、といった状態になることがあります。

さらに悪化すると、立っているのがつらい、でも、座っても寝ても痛む、といった状態にもなりかねません。

坐骨神経痛の原因のなかで多くみられる、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症も以前にくらべると手術は大幅に進歩していますが、患部の場所や程度によってはしびれなどが治りにくいこともあります。

 

当院では、痛みがしびれが強い場合に対しては、消炎鎮痛効果のあるハイボルテージ(特殊な電気治療器)で痛みの奥深くに作用するように治療いたします。

そして、いくら治療を行っても姿勢が悪かったり、腰に負担をかける生活をしたりしていれば症状はよくなりません。

横から見たとき、背骨が自然なS字状カーブを保っているのが理想的な姿勢です。

S字状カーブが崩れると、腰椎に負担がかかり、症状の悪化につながります。

また、痛みが強くなるので、腰部脊柱管狭窄の人は腰のそらしすぎに、腰椎椎間板ヘルニアの人は猫背に注意しましょう。

 

当院は、一時的な痛み止めや部分的に血行を良くするだけの対症療法ではなく、改善した後も坐骨神経痛が出にくい体を目指した施術をおこないます。

姿勢の矯正を受ける事で症状が緩和され、劇的に改善した方も多くいらっしゃいます。

痛みやしびれでお悩みの方は整体院 幸 sachiに一度ご相談ください。

073-419-1717

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。