膝や股関節の痛みなら和歌山市の整体院 幸 sachiにご相談ください

股関節は、上半身の重みを支える重要な部分です。

股関節付近に痛みが起こるということは、股関節に過度な負担がかかっているということ。

股関節に痛みが起こる場合、主に次のことが考えられます。


・事故や怪我などで股関節に無理な力がかかったとき

・左右どちらかの足に重心をのせるクセがある

・骨盤などの異常により、バランスが悪くなり股関節に無理がかかっている

・足首や膝などの痛みをかばっていた結果、股関節に負担がかかる

・先天的に股関節に異常を持っている(先天性股関節脱臼など)

 ・変形性股関節症(股関節への圧迫や摩擦が長期にわたると、股関節が変形します)

 

股関節付近の痛みの場合、様々な原因が考えられます。

多くの場合は、骨盤・腰椎・股関節のバランスが崩れ、筋肉のアンバランスが見られます。

股関節の動きは骨盤や腰椎、膝などと関連性が高く、運動学的に負担をかけている要因を探していくことが重要です。

この場合、問題となっている骨盤や腰椎を施術し、関節の可動性をしっかりとつけると同時に筋肉のバランスを整えることで股関節周囲の痛みは軽減していきます。

 

痛み期間が長ければ長いほど治りが遅くなるため早め治療をおすすめします。お気軽にご相談ください。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。