親が子供の姿勢を守る!子どもの「ロコモ症候群」増加中!整体院 幸 sachi

ロコモティブ・シンドローム(ロコモ症候群)は、

筋肉、関節、軟骨、椎間板などの運動器に障害が起こり、

歩行や日常生活に支障をきたしている状態。

これまでは高齢者の症状として考えられてきました。


ですが!!

□ よくつまずいたり、すべったりする

□ 転んだときに、反射的に手をつけず顔を打ってしまう

□ 走り方がおかしい

□ 片足立ちで靴下が履けない

□ 階段を上るときに手すりが必要

15分も歩けない

□ ときどきどこかが痛いという

□ からだが硬い

□ よく疲れたという


などの、足腰の弱った高齢者にはありがちな症状の子供が急増中。

このような子供の運動器機能低下を放置しておくと、子どもたちが30代40代になった時には、もっと色々な障害が発生している可能性もあります。


街中でも、背中が「ぐにゃ」っとなった座り方や、姿勢が悪い子供が目立ちますね。

現代社会では生活環境の影響もあり、姿勢が悪く、肩こり・腰痛の悩みを抱えている子供が増えています。

ロコモは、大人だけの問題ではなく、子供からの予防・対策が必要です。


当院では子供の姿勢・猫背矯正も行っております。

スポーツをしている子どもに多い、膝の痛み(オスグッド病)の治療もおこなっておりますので

お子様の身体のことでお悩みでしたら整体院 幸 sachiへお気軽にご相談ください。

 「ホームページを見て」とお気軽にお電話ください

073-419-1717

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。