ゴルフ肩(スイングショルダー)による肩の痛みの治療なら整体院 幸 (和歌山市)

最近はゴルフをされる方のご紹介が多く、肩甲骨内側の痛みや、肩の痛み腕の痛みダルさを感じ、来院される患者さまが増えています。

 

プレー後や当日の夜、翌日に痛みやだるさが増すという方が多いですね。

肩が痛くて上げられないという、症状で来院される方も。

 

ゴルフ肩(スイングショルダー)は、その名のとおり、ゴルフのスイングに起因する肩のトラブルです。

振りかぶった時は股関節、腰、背中に加え、さらに上半身に対して相対的に首を使って身体を捻ります。

 

体のどこかに骨の歪みや筋肉に硬さがあると、そこが引っかかり、股関節の動きが悪い、首や腰を上手くねじれない、など体の使い方が悪くなるため、振りかぶる動作を肩の動きでカバーする必要があります。

 

ゴルフをして肩が痛くなる患者さまに共通しているのは

首が左右どちらかに傾いていたり、片方の肩が下がっていたりしていること。

 

また、普段から

猫背の人は、肩が前に巻き込んでいるために、肩の可動域が狭く、本来のスイングができません。

 

上記の身体のゆがみや姿勢の悪さが、首・肩周りや腕の筋肉に負担をかけ、故障し、痛みを起こすのがゴルフ肩(スイングショルダー)です。

 

当院で骨盤矯正をして

「スライスしにくくなった!」「飛距離が伸びた!」などの喜びの声を多くいただいています!

左右のバランスが整うと、体の軸が安定し、腰の回転がスムーズになりますからね♪(^O^)

猫背矯正で巻き肩を治せば、肩甲骨の動きがよくなり、大きなスイングができるようにもなりますよ!(^_^)v

 

痛みがあると大好きなゴルフもできなくなってしまいます。

痛みなく、楽しく、長く、ゴルフを楽しむために、肩の痛みは早く治しましょう!!

 073-419-1717

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。