姿勢が悪いと、正しく歩けない!ウォーキング効果も激減!(>_<) 整体院幸

皆さんは、生活の中で歩き方"にどれだけの注意を払っていますか?

実は日常の歩き 方一つで、腰・膝・足をはじめとする身体が受ける負担は変わってきます。

 

体力や健康を維持するためにウォーキングしている方は多いと思います。

ですが、街でウォーキングしている人を見ていると、

左右に体を揺らしながら歩く、「ふらふら歩き」。

お尻を突き出したような「アヒル歩き」。

無理に姿勢を意識しすぎて腰が反っている「反り腰スタイル」。

足が上がっていなくてペタペタ歩く「ペンギン歩き」。

ガニ股や内股など、知らずに行っている人が多い悪い歩き方(;´Д)

外反母趾や、足の裏にできるタコや魚の目も、悪い歩き方になっている証拠なんですよ~ 

 

実は、ウォーキングというのは正しい歩き方でないと十分な効果が得られません(>_<)

いくら距離を歩いても、姿勢や歩き方が間違っていると、逆に痛めたりすることにもなります。

 

「立ち姿」 という基礎が正しくできていないと、歩くフォームも、走るフォームも、スポーツをするときのフォームも、すべて悪くなり、痛みも再発してしまうのです 。

 

でも、立ち方を変え歩き方が変われば、ウォーキング効果も上がります(^O^)

歩き始める前にまずは『正しい姿勢』をしっかり取れるようにしておきましょう!