背中が曲がった老人にならないためには『姿勢』が大事!整体院 幸(和歌山市)

本日のブログは、70代の患者様がご来院された時のお話です。

患者様の詳しくお話を聞くと、外出するのが億劫で、この1年間最低限の外出しかしていない。

お買い物時に久しぶりに会ったご友人に、「えらい腰が丸くなったねぇ。いつ頃から?」と、言われたそう。

いつの間にか腰が丸くなってきて、以前からあった腰の痛みが強くなってきている事に気付き病院へ行ったところ、「歳だから仕方ない。」と言われ、どうしてよいかわからなくなり、当院の『姿勢矯正』の看板を見て来てくださいました。

 

早速お体の状態を確認させていただいたところ、背中の丸みが強くなっており、筋肉が固くなり動きが悪くなっていました。

 

病院でレントゲンを撮ったとのことだったので、覚えている範囲で確認をさせていただいたところ、「背骨に変形が起き始めていて、前側がつぶれてきている。そのため、背中が丸くなる。これは年齢とともに起きるために、仕方のないこと。」とのご説明を受けたとのことでした。

 

そこでお身体の状態を確認も含めて、身体の前屈・後屈を見させていただくと、まだ後屈も可能で、背筋を伸ばすことができました。

また、同一姿勢で前かがみが続くと痛むが、あおむけで眠ることができ、その際には痛みは軽減するということでした。

そこから、骨の変形は始まっているかもしれないけど、初期の可能性が高く、まだ、姿勢を改善すればこれ以上痛みが強くなるのは防げ、見た目上の背中が丸くなるのは予防できる。

そして、まだ今なら筋肉をもう一度使えるようにしていくと、今よりは背筋が伸びる可能性があることをお伝えしました。

そうすると患者様から、「少しでもよくなりたい。」とのお声をいただきました。

 

姿勢の矯正を中心に行い、その後、筋力アップを図るためのトレーニングを少しずつ行っていったところ、3か月後には痛みが大きく改善してきました。

長い間積み重ねて起こり始めた変形のため、すぐに痛みがなくなる。ということはありませんでしたが、治療を続けることで、「歳だから仕方がない」と言われていた痛みが改善しました!(*^^)v

その後も、より良い姿勢を身につけるための治療・トレーニングを行っています。

 

「歳だから仕方がない。」

そういわれた場合でも、薬に頼らずとも、痛みを軽減することができ、また、前向きに考え行動することで、予防も可能です!

 

病院へいき、レントゲンを撮ることでより明確に原因を追究でき、そこからの対処法を考えることができます。

整体院 幸 sachiグループでは、病院とは違った治療のアプローチをするため、今回の患者様のように、病院で良くならなかった症状が改善することもあります。

 

「病院に通っているけれど、なかなか症状が改善されない」という方や「他の整骨院や整体院に通ってもなかなか良くならなかった」という方は、整体院 幸 sachiグループにいらして下さい。

073-419-1717

湊院073-452-2220