「伸びない・曲がらない」は膝のSOS!治りが悪いひざ痛の治療は整体院幸(和歌山市)

膝の痛みが出現する前の身体のサインとして、「膝が曲がらない・伸びない」という症状があります。

画像の方のように、膝の位置が重心線より前に出ている姿勢になっています。無意識に膝が曲がった立ち方になっているんですね。

これは良くない姿勢で、変形性膝関節症に陥りやすい重心(>_<)

 

しかし、病院に行くまでの症状ではないので、ほとんどの人が放っておいてしまいます。

そして徐々に膝の変形は進行して手術適応レベルまで悪化してしまうケースが多い。

膝の「伸びない・曲がらない」は膝のSOSです。

早ければ早いほどSOSに対処することができます。

他にも

・膝が腫れている

・膝に熱感がある

・階段の上り下りで痛む

O脚やX脚だ(になってきている)

・太ももの筋肉が細い

・膝を押すと痛む場所がある

など、上記に当てはまる人も、「膝関節」への負担がかかっているかもしれません。

 

膝関節の痛みにはさまざまな治療方法があります。

注射や薬、手術など。

確かに痛みを止めることは大切です。

しかし、膝痛になった根本の原因は改善できていますか?

膝の伸びない・曲がらないは解消されたでしょうか?

 

筋肉量が足りないからだ!と膝周りの筋力強化を始めるのは、ちょっと待ってください!!

膝周りの動きが悪い状態で筋力強化運動を行なうと痛みが悪化する場合があります。

 

ここで筋肉量が足りないからと筋トレしても動きが悪ければ痛みは改善されませんし、動きを改善するトレーニングをしていないので動きの改善もされません

筋力強化運動をする前に、膝周りを柔らかくしておくこともポイントです。

膝を曲げ伸ばししても引っかかりや痛みがない状態まで改善しておくことが重要になるのでおさえておきましょう。

 

膝痛で一番怖いのは、動かさなければ痛くないと、外に出ないでじっとしてる人。

痛くなると出かけるのも不安になり、外出の機会がどんどん減ってしまいますよね。

でも、そのうちに脚の筋力が落ちて、膝がグラグラします。

が不安定だと、よけいに痛みが出ます(;_:)

負の連鎖にはまらないよう、早めの対処が必要になってきます。

 

薬や手術だけに頼るのではなく、自分の膝を整え、大切にすることで膝の負担が変わります。

すべての患者様が、「痛みに支配されることのない生活」をしてほしいと願っております。

073-419-1717