硬いお尻が腰痛の原因?整体院幸(和歌山市)

本日のブログは腰痛とお尻の話。

 

腰痛で来院される方、ほんとに皆さまお尻が硬い!!

筋肉って本来は柔らかいもの。

筋肉の状態を検査するとき、ベッドに横になっているので、力は本来抜けているはずなのにお尻の筋肉ガッチガチなんです。

そして、それを伝えると意外に本人に自覚が無いことが多いんです。

「え、そうなんですか?」と。

 

骨盤の歪みなどで左右、前後のバランスが崩れる立ち方をしている方が多く、硬いお尻を自分で作ってしまっているんですよね。

お尻の筋肉は、走ったり歩いたりするとき、地面からの衝撃を吸収したり、腰と下半身をつなぎ、骨盤を安定させる大切な役割があります。

お尻と腰の筋肉はともに骨盤まわりを支えているため、お尻がコリ固まることで腰への負担が強くなり、腰痛が発生しやすくなるのです。

 

股関節が硬い人もやはりお尻が硬いんですが、硬いことで可動範囲が狭くなり、その動きの狭さを他の関節で補おうとして膝や足首の関節も悪くなります。

太ももの裏側の筋肉が硬い人なんかも、前にかがむとき背骨をより曲げなければかがむことができないので、背骨に大きな負担がかかりやすく、それも腰痛の原因となります。

 

筋肉や関節って連動してるので、どこかが悪くなればどこかがその負担をかぶります。

なので、痛みを放っておくと他のところも悪くなります(^-^;

 

腰痛をお持ちの方は、腰の前にまずはお尻や太ももの周りの筋肉を柔らかくすることが腰痛の改善&予防になりますよ(*^-^*)

腰痛や、下半身に痛みやしびれを感じるようになったという方は、施術実績が豊富な整体院 幸 sachiまでお気軽にご相談ください。

 

073-419-1717

【完全予約制】※お電話は診療時間内にお願いいたします。

診療時間:月火水金 9時~12時/15時~19時

     木 9時~12時

     土 9時~13時

     日祝休診